SCSSとは

SCSS(Sevenseas Cash Storage System)とは、インターネットの基礎に基づいた、価値交換システムを利用した決済システムです。
最大の魅力は、何よりも決済の速度が速いことと、手数料が極めて安いこと、国際決済のメリットとしては為替リスクがない事です。
世界中の金融機関にアクセスできる決済プロトコルを利用し、どの通貨でもリアルタイムで資金決済を可能にできるよう設計し運用しています。

SCSSサービスでは利用者のニーズに合わせて従来の資金移動とは異なり仲介者(中央銀行やコルレス銀行)を介さず、弊社と海外のゲートウェイ間のトラストにより、スピーディーかつリーズナブルにご利用いただけます。

サービスの概要としましては、利用者様の資金を仮想通貨に変換し送金先の利用する取引所にて仮想通貨を法定通貨に変換しご利用いただくことを目的とするものであり、利用者はSCSSの利用規約を理解しこれを同意したものに限ることとします。
本サービスは本利用規約に同意した、SCSSのサービス利用者に限定されています。

また、本サービスに利用された資金が、脱税・マネーロンダリング・違法取引を原因とする資金であった場合、本契約はその時点で解除され資金は一切返還されません。又その疑いがあると犯罪収益移転防止管理官(JAFIC)より指摘を受けた場合も委託契約は解除され、受託者は委託者にその事実を伝えるとともに、資金の返還を留保します。
本サービスにおける利用者に対して、収納代行サービスの利用料については別途の定める額となります。